コルセットがあると楽

ベルトが腰を支えてくれる

腰が痛い原因に、姿勢が悪くなっているというものがあります。筋肉の働きが弱まっているため、姿勢が悪くなってしまって、そして腰痛が起きているのです。それを防ぐためには筋肉を鍛えることが大事なのですが、筋力が弱い人はコルセットの助けを借りましょう。

ベルトとコルセットには違いがある

腰が痛いから、腰痛対策ベルトを巻こう、と単純に考えないでください。じつはコルセットと腰痛ベルトには違いがあるからです。

コルセットは整体院などで購入できますが、保険適用がきくことがあります。素材に弾力性があるものと、固いものがあるのもベルトとの違いです。
では、ベルトはコルセットとはどう違うのかというと、市販されているもののことをいいます。基本的にはゴム素材でできているという特徴があります。

あまり頼りすぎない

ベルトやコルセットの使用上の注意ですが、常に巻き続けるということはしない方が良いです。あくまでも腰をサポートするものなので、使い続けてしまうと逆にそれに頼りすぎて筋力を弱めてしまうことにもなりかねません。適度に外して筋力トレーニングをすることも大切です。巻き方も、幅が狭い骨盤ベルトタイプなら、腰の上ではなく骨盤の横を締められるように下に留めるようにしましょう。

すぐに対策しなければいけない

腰が痛いからといって、大騒ぎしたくないという人もいます。しかし、痛みが長く続いていたり、どんな姿勢になっても痛みが寛解しない場合は、すぐに病院に行くようにしましょう。徐々に楽になっていくようなら、しばらく安静にしているだけで大丈夫です。

広告募集中