摂るべき栄養素がある

慢性的な体調不良が続いている

背骨が歪んでいる
筋肉が疲労を起こしやすい etc…
こういった症状がある人は、腰痛も起こりやすいものです。腰痛は湿布や寝具を変えることでなんとか対策することができるのですが、根本的な生活習慣を変えないことには再発してしまいます。

若い人が発症することが多い

腰痛といえば関節の軟骨がすり減ったり骨に変形が見え始めたりすることが多い、中高年に多いものだという認識があります。しかし、最近では若い人も腰痛に悩んでいる人が多いのです。若い人でも栄養状態が悪く、骨粗鬆症になってしまう人がいるということで、状況は深刻です。

骨粗鬆症を防ぐためのカルシウム

若い人に起こる腰痛を対策するには、カルシウム摂取が欠かせません。カルシウムは骨を作るために大切な成分ですが、その他にも血液にも必要になってきます。血中のカルシウムが少なくなると骨粗鬆症を招きますので、食事やサプリメントで一日に必要な量を摂取しましょう。

他にも必要な栄養素

カルシウムやその他の栄養素を食事で摂取するのが難しいのであれば、サプリメントを活用しましょう。

その他に必要な栄養素は以下の通りです。
・ビタミンD
・マグネシウム
・タンパク質

すぐに対策しなければいけない

腰が痛いからといって、大騒ぎしたくないという人もいます。しかし、痛みが長く続いていたり、どんな姿勢になっても痛みが寛解しない場合は、すぐに病院に行くようにしましょう。徐々に楽になっていくようなら、しばらく安静にしているだけで大丈夫です。

広告募集中